先輩紹介-3
調剤薬局勤務から提携先の病院に研修勤務。これはチャンスだ!

入社後2年9ヶ月間の調剤薬局での勤務を経て、現在、トリニティーが提携している病院に研修の一環として勤務しています。
入社当初より、様々な経験を積みたいと希望していたので、病院で研修できることは私にとって大きなチャンスだと思っています。

入院患者さまの部屋に出向き、服薬指導や体調の確認などを行っています。

病院での業務は、主に「外来患者さまの調剤業務」「入院患者さまの調剤業務」
「病棟業務」の3つです。
中でも「病棟業務」は病院勤務ならではの業務で、入院患者さまの部屋に直接出向き、体調や副作用の有無の確認、服薬指導などを行っています。
入院患者さまは不安を感じていることが多いので、それを少しでもやわらげるよう、優しく笑顔で話しかけ、ささいなことでも気軽に聞いてもらえる雰囲気作りをこころがけています。
はじめはあまり話をしない患者さまでも、何度か通い仲良くなると、いろんなことを話してくれるようになるんですよ。
「薬剤師さんだと何でも話せるわ」と言ってもらうこともあり、とても嬉しいです。

治療チームの一員として、患者さまと医師・看護師をつなぐことも大きな役割。

便秘やめまい、ふらつきなどちょっとした不調を感じていながら、「先生や看護師さんが忙しそうだから・・・」と伝えていない患者さまが数多くいます。
そこで、服薬指導の際に患者さまの体調などを聞き出し、その内容を医師や看護師に報告するようにしています。自分の働きかけが患者さまの回復につながると思うとヒアリングにも力が入りますね。
治療チームの一員として、患者さまと医師、看護師をつなぐことも大きな役割であると思っています。




医師との信頼関係、看護師との信頼関係。

治療チームの一員として「医師との信頼関係」「看護師との信頼関係」を築くことも重要です。
病院に来た当初はとまどいましたが、積極的にナースステーションに足を運ぶうちに薬についての質問を受けるようになり、質問に対してはできるだけその場で答えるよう、それが無理な場合でもすぐにメーカーに問い合わせをするなど早めの対応をこころがけてきました。そういう積み重ねが現在の信頼関係の基本になっていると思います。

病院勤務での経験をこれからも生かしていきます!

チームとして業務を行うことでドクターの目線、看護師の目線を学べました。また、患者さまの変化を日々確認しながら業務を行えることも大きな学びにつながっています。
これらひとつひとつが患者さまのよりよい治療につながっていくので、今後も病院の調剤薬局での勤務にこの経験を生かしていきたいです。

望めばチャンスは巡ってくる。

今回の病院勤務の機会を与えてくれた会社には感謝しています。
大事なのは、希望を伝えることだと改めて感じています。
そうすればトリニティーではチャンスがやってきます。
外来調剤の経験、病院勤務の経験、その両方の業務を身に付けることができ、薬剤師としてキャリアアップしていけそうです。


このページのTOPへ

TRINITY

トリニティーグループ
【本部】 〒468-0074 愛知県名古屋市天白区八幡山1553番地  TEL 052-831-1300  FAX 052-861-1325
調剤薬局 | トリニティーグループは、地域に根ざした信頼される薬局として皆様をサポートしております。また、医師・薬剤師の独立開業支援も行っております。
トリニティーグループの調剤薬局は、現在、東海を中心に愛知(名古屋市名東区、名古屋市天白区、豊田市、稲沢市、安城市、碧南市、豊橋市、大治町)、岐阜(関市、美濃加茂市、可児市、羽島市、大垣市)、三重(津市、伊賀市)、福井(坂井市、若狭町)、石川県(金沢市)、兵庫(川西市)、東京都(府中市)をカバーし、薬剤師の就職転職も募集しております。 是非お気軽にお問い合わせください。
2012 TRINITY © All Rights Reserved.